中国書法学院 ホーム | サイトマップ | アクセス

中国古典書道を初心者から師範クラスの方まで、さまざまな方と学ぶことのできる本格的な書道教室です。

ホーム  |  学院案内  |  生徒募集  |  教室スケジュール  |  院長経歴  |  和平友好桜花園

授業風景の紹介

特別科:土曜クラスを例に取り、授業風景を紹介

★写真は、クリックすると大きな画像で開きます。

ここでは創作作品の指針となる原寸大お手本を、劉先生が必要だと判断した際に揮毫しています。
手本は必ずしも揮毫する訳ではありません。
生徒の個性に合わせ、必要だと判断した時のみです。
中国書法学院では、先生の書体を書く為の手本ではなく、各個人が学ぶ書体学習のための手本を揮毫します。
創作作品の審査風景。一番良い作品、直すべきポイントのある作品を選びます。
同じ教室の皆が協力して、指導を受ける人の作品を展示します。
選んだ作品を添削しているところです。
中国書法学院の競書誌「温故」から、半紙作品の添削風景。
総合書法科で使用している、学院オリジナルの手本です。
一書体20枚程度の手本があります。
籠字という方法で、その書体の特徴を掴む為の文字を抜粋して、お手本としています。
 

 

劉先生昵懇の筆作者による中国書法学院オリジナルの筆。丈夫で書きやすい筆です。
劉洪友先生

劉洪友学院長